プラチナとゴールド、それぞれの素材から選ぶ結婚指輪

結婚指輪で大事なことの一つに素材選びがあります。

結婚指輪はファッションリングとは異なり、毎日つけているものなので、使用する素材はかなり耐久性のあるものでなくてはなりません。

せっかく購入したのにすぐに歪んでしまったり、切れてしまうことのないように素材のことをよく知っておきましょう。

結婚指輪の素材に主に使用されているのは、プラチナとゴールドです。

日本ではプラチナの人気が高く、プラチナ素材の結婚指輪の種類はかなりたくさんあるのですが、最近ではゴールドの人気も高くなっています。

ファッション感覚の変化などやゴールドの種類なども関係しているでしょう。

プラチナはプラチナ自体の硬度はあまり高いものではありません。

しかし他金属と合金させることによって高い硬度を持ち合わせ、毎日身につける結婚指輪の素材としては申し分ない素材といえます。

プラチナ素材は変形しにくく、色も変わりにくいという特徴があるだけではなく、稀少価値のある金属であり、そして見た目も美しく白い輝きを持つ素材です。

海外ではゴールドの結婚指輪の方が人気があります。

ゴールドにおいても変形や変色しにくいといった特徴があり、価値の高い金属です。

結婚指輪は、長時間、長期間つけていても変わらない強さが必要であり、プラチナやゴールドは適した素材といえます。